Googleの跡を継ぐのはAlltheWeb?
- SEO対策コラム:根拠は薄弱だがあえて推測すればAlltheWebがコアになる、かも?。

[共通]
SEM・SEOとは?
SEM・SEO基礎

[SEO]
SEO対策日記
検索エンジン最適化コラム
 - UserAgentスパム
SEO強化ブログ

[PPC広告/ディレクトリ登録]
オーバーチュア広告
オーバーチュア&アドワーズの無料診断
SEMコラム
 - ディレクトリの壁

全国セミナー開催
セミナー講演依頼募集
 全国講師派遣承ります。

[その他]
用語集総合目次
SEMコンサルティング
PPCコンサルティング
書籍発売


不許複製・禁無断転載

[PR]


2017/October/24



【目次】AlltheWeb

2003/12/16
前ページで、オーバーチュア・インターナショナルプレジデントの話としてAlltheWebやAltaVistaなどの検索エンジンの日本への投入は「単体での投入というよりは、Yahoo!と統合した形」という記事を紹介しました。しかし実際には、プログラミングの世界ではAというシステムとBというシステムを統合するというのはかなり困難な作業です(都市銀行が合併するとコンピュータシステムはどちらか一方しか採用されないことでも明らかでしょう)。いずれかのシステムのプログラムソースを活かしながら他の仕様を追加していくというのが現実的です(多分)。

そうした場合、Yahoo!が持つロボット型検索エンジンであるAlltheWeb、InktomiおよびAltaVistaのうちどれか1つがコアとなります。

この3つの中では冒頭に記したYahoo!JAPANからリンクがはられているAlltheWebが有力だと考えますが、その根拠のもう一つがインデックス化しているホームページ数の多さです。Googleは約33億ページをインデックス化しているのに対し、AlltheWebは約31億ページと拮抗しています。

下図は特定の日本語検索語についてGoogleを含めた4つの検索エンジンでヒット件数を比較したものです。


gooで使用され現在MSN等で利用されているInktomiの数がAltaVistaよりも多いのは分かるとして、それよりもAlltheWebの数が多いのはやや驚きです。日本語ホームページのクローリングを本格化すればGoogleに肉薄するのは疑いようが無いと思われます。

それで本コラムの冒頭の話に戻るのですが、このような理由でAlltheWebにロボットを派遣してもらおうと考えてURL登録を繰り返していたというわけです。AlltheWebのFAQによると(無料登録の場合)約2週間程度でインデックス化されるとのことですが、一向にクローラが来た気配もありません。それで何度も登録を繰り返していたというオチになります。


(2003/12/16)





サイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印